統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 언론보도 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > メディア報道
언론에 보도된 통일그룹 소식입니다.
Title [ニューシス] ユ・ギョンソク会長「家庭連合の救世救国運動に関心と同参を希望」
Date 2017-06-25 Hit 5558
File 20170602093400_607.jpg [305kb]

[ニューシス

ユ・ギョンソク会長「家庭連合の救世救国運動に関心と同参を希望」 



ユ・ギョンソク世界平和統一家庭連合韓国会長が30日ソウル龍山区でニューシスとインタビューしている。

 

19545 1(陰暦) 創始者文鮮明・韓鶴子総裁によって‘世界基督教統一神霊協会’という名で出発した家

庭連合は現在194カ国に宣教の基盤を築き世界的な宗教へと成長した。

 

去る2012年、強力なカリスマで家庭連合を泰山の安きに置いた文鮮明総裁が聖和(他界)しながら教勢が

急激に萎縮するのではないかという世間の懸念とは異なり、家庭連合は文総裁の生前の最も強固な助力者

であった夫人韓鶴子総裁の指導の下、迅速に安定を取り戻したのはもちろん、全世界的により活発に活動

して教勢をさらに拡大している。

 

特に創立63周年となる今年、家庭連合は‛希望大韓民国対国民和合統一、圏域別前進大会’を全国5つの圏域

で持つなど、平年より多くの活動を広げて注目される。

 

去る526日(陰5.1)家庭連合創立63周年を迎え、誰よりも忙しい日程を送っているユ・ギョンソク韓国

長に会って家庭連合創立63周年の意味と活動、ビジョンについて聞いてみた。

 

以下は、ユ会長との一問一答である。


 

- 家庭連合にとって協会創立63周年はどのような意味を持ちますか。

 

「創始者文鮮明・韓鶴子総裁は195451日(旧暦)、神の創造理想をかなえて差し上げるという遠大な

ビジョンを中心に家庭連合を設立し、全世界の知識人たちと青年たちの眠っている霊性を覚醒させて真の

価値と愛を中心とした真の家庭を成し、幸せで平和な世界を目指して生きるよう指導されました。

 

家庭連合は、526日(5.1)創立63周年を迎え、創始者が提唱した愛天・愛人・愛国の理念に基づいた

真の愛を実践することで‛神の下の人類一家族’のビジョンを実現していくことを改めて決意しました。」


 

- 普通は、10年周期に特別な意味を付与して大きな行事をたくさん開きます。 60周年は、すでに過ぎてお

り、70周年までには7年残っているのですが、そんな中63周年の今年、特により多くの活動を展開してい

る理由は何ですか​​

 

「今年に入って家庭連合がより多彩な行事を繰り広げることになったのは、年頭の韓鶴子総裁の特別メッ

セージのゆえです。

 

ご存知のように、ここ数ヶ月、大韓民国は、まるで長い終わりの見えない暗いトンネルを通って来まし

た。昨年1月、北朝鮮の第4回目の核実験以後、朝鮮半島は広い海で激しい嵐に会った一隻の孤独な船のよ

うでした。国際社会は、UNの決議に基づいて強度の高い制裁を実施しましたが、韓国内ではサード配置に

よりアメリカと中国間の葛藤が生じ、その隙に北朝鮮は第5回目の核実験をはじめ、頻繁に武力挑発を敢行

しました。


安保危機だけでなく、経済の危機も深刻です。韓国経済は、失業と消費の崖、低成長の沼にはまってお

り、二極化はさらに深化しています。世界経済が長い低迷から脱し、本格的な回復に転じている状況下で

「韓国経済だけが疎外されているのではないか?」という懸念や心配の声が多く聞かれます。

 



世界平和国会議員連合(IAPP)世界総会が4日、ソウル松坡区ロッテホテルワールドクリスタルボールルームで開かれた。

国際科学統一会議懇談会で韓鶴子総裁が挨拶をしている。



これらの対内外的危機を控え超党的に和合し、民の意志を結集して対応しても不足な況の中で、

政局による政空白、大統領罷免の拘束査をめぐる立と分裂は民に大きな傷と政治への不信を植え

つけました。


韓鶴子裁は深い祈りと精誠の中で、2017年を出しながら政治・外交安保経済など絶体絶命の危機

に瀕している朝鮮半島の平和と安寧のために家庭連合をはじめとする全統一家の連機が一つになって

民に希望をえていく言われました。特に2020年までに愛天・愛人・愛の理念を中心として、

3動員活動を展開していくことを命じられました。


このような点から家庭連合創立63周年は、韓鶴子裁の霊的な指導の下、このとこの民族、ひいては

世界と人類のためにの愛を実践して身する3動員活動の初年度であり、そのどの年よりも民の中

に深染みこむ活動を展開する特別な意味を持った一年となっています。 」

 

- 最近、全国的な‘希望大韓民国!対国民和合統一前進大会’もそのような理由から行われているのですか。

 

「そうです。家庭連合は危機の大韓民国に希望を伝えるには韓鶴子総裁のメッセージに基づいて‘希望大韓

民国!対国民和合統一前進大会’を全国的に実施しています。

 

絶体絶命の危機状況で幸い59日新しい大統領が当選し、大韓民国は新しい出発の上に立つようになりま

した。

 

しかし、前述したように私たちには山積された課題があまりにも多くあります。私たちは知恵を集めて、

怒りと葛藤に起因する傷を癒し、分裂と対立を超えて受け入れるという和合の精神で、新しい大韓民国を

目指すべきです。

 

文鮮明・韓鶴子総裁は、この国、この民族に向けられた神様の祝福と意味について常に語ってこられまし

た。南北が統一されて、平和が実現した朝鮮半島となる統一韓国は過去の痛みを越えて世界の中心国家に

そびえ立つという未来のビジョンです。

 

これに対し家庭連合は統一グループ傘下の機関と一体となり、創始者が提示してくださったビジョンと‘た

めに生きる真の愛で統一韓国の時代を開いていこう!’をテーマに、大韓民国の対内外危機克服の方策と大

韓民国の未来ビジョンへの希望メッセージを伝え来るべき統一時代を備える対国民意識教育の前進大会を

開いています。

 

これにより国民意識が変化して葛藤を越えて一つになれば、大韓民国はすばらしい希望の場へと進むこと

ができます。さらには南北統一を越え、北東アジアの平和と太平洋文明圏を導く中心国家として生まれ変

わることでしょう。これらの遠大な夢を実現するための最初の出発点が、今回の前進大会です。」


 

- 北朝鮮の相次ぐ挑発に南北間に対話が断絶されて数年が経ちました。こうした中、ムン・ジェイン政府が

発足し、南北関係にも一大変化が起こると予想されています。ちょうど南北統一国民連合が創立30周年を

迎え、より一層その意味が大きいと見るのですが。




世界平和統一家庭連合は30日、京畿道高陽市一山KINTEX2展示場で

‘希望大韓民国!対国民和合統一前進大会 - ソウル・仁川・京幾・江原連合首都圏大会’を開催した。

韓鶴子総裁など内外の貴賓がこの日採択した‘希望大韓民国!対国民和合統一宣言’の前でポーズを取った。


「文鮮明・韓鶴子総裁によって1987515日に創立された南北統一運動国民連合は民族の課題である南

北統一の実現のために、民間レベルでの統一共感拡散を目標とする全国民統一教育を行っています。また

それに加えて、朝鮮半島の統一のために国際的支持と連携を確保する韓国内外の統一運動も多様かつ継続

的に展開してきました。

 

韓鶴子総裁は危機にある大韓民国がこの危機を克服し、希望の国へと進むために最も至急に解決すべき先

決課題が‘南北統一’であると語りかけ、南北統一を導く統一グループの代表機関である南北統一運動国民連

合が再び南北統一を主導することを望んでおられます。特に63ビルで行われた30周年記念を迎え、直接参

加されながら国民に向けてメッセージを伝えられました。

 

30周年記念式典があった510日、国会では第19代大統領の就任式がありました。同じ日に、同じ場所

(ソウル永登浦区汝矣島洞)で大韓民国の希望を開く重要なイベントが開かれたことは実に重要な意味を

持っているのではないかと思います。」



- 去年の冬、弾劾政局と大規模なろうそくデモを通して政治に背を向けていた国民が政治に関心を持ち、積

極的に声を出し始めました。このような中で先日家庭連合が生活政治アカデミー菜園フォーラム全国連合

会を設立したことはさらに特別に感じられますが。

 

「‘希望大韓民国!対国民和合統一前進大会’を開いて家庭連合は国民意識の教育において最も重要な基盤は

地域の市民社会を導く地域の政治基盤であると判断しました。生活政治アカデミー菜園フォーラムを改め

て発足させた理由です。

 

地方自治と地方分権を通じた民主主義の発展と国民主権主義の実現を模索してきた生活政治アカデミー

の‘菜園フォーラム’全国連合は去る20101214日に結成しました。

 

その年の62日に‘第5回全国同時地方選挙’があり、翌年の2011年には‘地方議会復活20周年’を迎える年で

ありました。第19代総選挙があった年でもあり、大規模な政治的問題と事件が続いて市民参加自律に基づ

いた政治参加が活発に起きた時でした。同時に中央政治に対する国民の失望感が地方自治と分権への熱望

に自然に表出された時期でもあります。

 

しかし、新しい政治を望む民の熱望を収めた仕組みが生活の現場、すなわち地域社にほとんど存在し

ませんでした。

 

そのような況下で菜園フォラムは、‘市民が主人になる地方自治と地方政治の展を通じた地方分

現’と‘生活政治の主体である市民の政治意識の成長と政治加を極大化させる’という目的のために結成さ

れました。

 

昨年生活政治アカデミの必要性を改めて認識し、前述した2つの目的を達成するために菜園フォラムを

してきました。

 

菜園フォラムは、今後地域政治のための‘コミュニケションの場’であり、斬新で有能な地方政治指導者

掘して育てる‘人材育成の場’、民の政治意識の成長と政治加を極大化するためのな‘啓蒙活動の

場’などの3つの役割を定め、多様な活動を展開していく予定です。



 ユ・ギョンソク世界平和統一家庭連合韓国会長が30日、

ソウル龍山区でニューシスとのインタビューをしている。


政治は理念やスローガンではなく生活そのものです。しかし、まだ韓国の生活政治は地域住民が近寄るこ

とのできない蜃気楼に留まっています。この点で菜園フォーラムは、‘住民の、住民による、住民のための

生活政治’を実現して、地方自治と分権を超え、名実共に国民主権主義を実現するための‘コミュニケーショ

ン、教育、啓発の場’になることを目指しています。」

 

- 韓鶴子総裁の近況はどうですか。

 

「基元節宣言以降、韓鶴子総裁は対内的には経典の編纂、世界宣教組織の整備と充実などを推進されてき

ました。対外的には鮮鶴平和賞の制定と授賞、孝情世界平和財団の設立と運営、世界平和国会議員連合創

設など、天のみ旨と平和のビジョンを実現する世界的な基盤を構築されてきました。

 

特に今年韓鶴子総裁は危機に瀕している大韓民国を常に心配されながら、大韓民国が一日も早く危機を克

服し南北統一を成し遂げ、北東アジアを越えて太平洋文明圏時代をリードすることを切に望んでおられま

す。

 

このために家庭連合をはじめとする統一家に様々な活動を展開すると同時に、韓鶴子総裁は世界の基盤を

連結する活動を直接展開されてきました。

 

去る2月天地人真の父母様のご生誕日と基元節を迎え、未来世界の難題を解決するために制定された‘第2

鮮鶴平和賞’の授賞式と、未来世代を担う人材育成のための‛孝情世界平和財団’の奨学証書授与式、平和世界

の建設のための世界の指導者の集まりである‘世界平和国会議員連合(IAPP)’世界総会、‘国際科学統一会

議’などの国際的な行事を主管されました。

 

特に‘摂理の祖国’である大韓民国が現在の危機を克服することができるよう、国際的協調の基盤を構築しさ

れました。去る58日に日本で、アメリカと日本の現役国会議員と朝鮮半島の危機克服のために会議し、

アメリカと日本の指導者たちを韓国に呼んで和合統一式を開きました。

 

韓鶴子総裁は、現在UN(国際連合)NGO(非政府組織)第1の領域である諮問機関である世界平和女性連

合と南北統一運動国民連合、世界日報などを通じて長年南北が対峙してきた朝鮮半島の155マイル軍事境界

線周辺の非武装緩衝ゾーンDMZ内に平和公園を造成、第5国連事務局の誘致運動を活発に展開していま

す。」

 


- ビジョン2020Vision2020)の推進状況が気になりますが。


 2013年基元節宣言以降、家庭連合は韓鶴子総裁のリーダーシップの下、創始者である文鮮明総裁の生誕

100周年を迎える2020年までに、神の御心を完全に成して、国民宗教としての地位を確立するための7年路

程を歩んできました。

 

これは家庭連合の発展だけではなく、神様の祖国である大韓民国が南北統一を成し、さらには太平洋文明

圏時代をリードすることを願っておられる天の御心を中心として立てられたビジョンです。




ユ・ギョンソク世界平和統一家庭連合韓国会長が30日、ソウル龍山区でニューシスとインタビューをしている。


家庭連合はこの目的を達成するためにまず前半の3年路程期間には、内外の基盤を新しく構築する作業を行

ってきました。これまで本部を中心に展開してきたシステムと活動を現場中心としたシステムと活動に移

行するために努力しました。そのために3つの革新(組織・能力環境革新)を推進し、国民の宗教としての

内・外の環境を構築してきました。

 

昨年から前半3年路程を通じて成し遂げた土台の上に、2020年までの残りの4年路程、すなわち‘希望4年’の

最初の年を出発し、内外の環境と情勢を分析した土台の上に‘家族共同体の回復を通じた社会的葛藤の解消’

‘宗教の社会的責任による国家的危機の克服’‘多文化社会の実現を通じた文化的な対立の解消’‘朝鮮半島の平

和統一実現と持続可能な成長’など国家的議題を選定し、‘神宗族的メシアの拡散’‘未来人材の持続的養成’ ‘幸

せな家庭共同体’‘生活実践 - 宗教文化’‘朝鮮半島の平和実現’など5つの主要政策を進めています。」



- 韓国会長に就任してから4年以上経ちますがその感想を聞かせてください。


4年余りを過ごし、天が愛で 導いておられ、 家庭連合と共におられることを確認することができました。

2013年トップガン教育を終えて、家庭連合韓国会長に抜擢された当時は、役職が持つ重大な責任に恐れの

心がありましたが、天を信じて自信を持って仕事を進めてきました。

 

天を恐れ、文鮮明韓鶴子総裁ご夫妻が与えられた摂理的ビジョンを胸に抱いて、教会の指導者、食口た

ちと摂理的パートナーシップを持ちながら韓国会長の職務を行ってきました。総裁ご夫妻の絶対的な信頼

が私の信仰と信念をさらに硬くさせる力になりました。」



- 最後に国民の皆様に伝えたいメッセージがありますか。

 

「今まで家庭連合の活動を支持して声援してくださった国民の皆様に心から感謝します。

 

文鮮明・韓鶴子総裁はこの国とこの民族に向けられた神様の特別な御心と摂理があることをよく知って

れます。それはまさしく統一韓国の新しい時代と太平洋文明圏時代のリードを意味します。

 

総裁ご夫妻が開拓して成し遂げられた世界的な基盤を総動員しながら、朝鮮半島の平和、ひいては平和世

界実現のために投入されるのも、まさしく神様の御心と摂理のためです。

 

総裁ご夫妻の教えのように創造主であられる神様はご自身のすべてを投入して、人間を創造されたため誰

もが偉大な人になることができます。

 

家庭連合は総裁ご夫妻が実践して継承してくださった真の愛の伝統を‘孝情’の心情文化として具現して、世

界の痛みを共有する真の父母の宗教として平和と統一の時代を開いていきたく思います。

 

天上にいらっしゃる文鮮明総裁と地上で摂理を主管される韓鶴子総裁を中心に家庭連合が展開している救

世・救国運動に一層暖かい関心と積極的な参加をお願いしいたします」。 ...


[詳しい記事を韓国語で見る]


Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼