統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 언론보도 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > メディア報道
언론에 보도된 통일그룹 소식입니다.
Title [ニューシス]韓国宗教協議会、‘2017超宗教平和サッカー大会’開催
Date 2017-10-14 Hit 3207
File 20170922104503_741.jpg [207kb]

 [ニュシス]
協議2017超宗平和サッカ会’開催



去る16日、京幾道河南合運動場で開かれた‘2017平和ピスカップ’に

加した10の選手と9つの宗団指導者たちがポを取った。


(社)韓協議イヒョンヨン)は16日、京幾道河南合運動場で2017平和ピスカッ

- 指導者親善サッカ会’を開催した。

この行事は、韓国内最大の宗指導者体育文化行事として隣の宗への理解と交流はもちろん、相互共存

のための平和と和合の場として設けられた。


今回の行事には、クリスト宣連合 大巡真理会 大倧敎、世界平和統一家庭連合、末日聖徒イエ

キリスト教会、韓国仏教太古宗、韓イスラム教など9つの宗団が加した。

家庭連合ユギョンソク韓国会、太古宗院長ドサン僧侶、韓イスラム教チェヨンギル理事長、

大韓天理イスンフン教統、末日聖徒イエスキリスト教会ロビンソン長老とユジャンチョル京幾ステ

際キリスト連合アンジョンスなど各宗団代表と信徒など300余名が加し盛況を成

した。




去る16日の京幾河南合運動場で開かれた‘2017平和ピカップ’で
協議イヒョンヨンが大会の辞を語る。



式でイヒョンヨン宗協長は大会の辞で「丸いボを中心に置き、宗たちが互いに汗を流して

体をぶつける場こそまさに‘平和’の宿る場であると思う」とし「宗間の平和も、まさにこのような場から

始まるものであり、朝鮮半島の平和と北東アジアの平和、ひいては世界平和もまさにここにおられる宗

指導者一人一人から始まると確信している」と調した。いて「今日このように一つのグラウンドの上

で共通の目的のために時間を一過ごすこの場こそ、世界平和、宗平和、宗和合の出であるこ

とを確信している」とし「私たちが共共同の目的を持って進めば、必ず良い結果として実を結ぶであろ

う信じてやまない」と激した




去る16日、京幾道河南合運動場で開かれた‘2017平和ピカップ’で
世界平和統一家庭連合ユ・ギョンソク韓国会長が迎のあいさつをしている。


家庭連合ユギョンソク韓国会長は迎ので「サッカ込められた調和と平和というスポ精神

は、人種文化の壁を越えて、私たちのみなを一つ兄弟、一家族として結ってくれる」とし

「同じように宗教の間に高く積まれた壁、人種間に高く張り巡らされたフェンス、家間に固に構築さ

れている境界線も今日の私たちの出いにより崩れていくだろう」と宣言した。それとともに「文鮮明

から始まった今回の宗平和ピカップサッカめられた深い意味に同参し、加された

べての宗団選手と迎する」と述べた。


太古宗院長ドサン僧侶は挨拶で、「宗たちが心を一つにすることができる良い機を作って

くれたことに感謝する」とし「運動によって宗間のを解消し、これにより結ばれた互いの和合と疎

通が宗平和、さらには、朝鮮半島の平和統一にがってくれることを切に願ってならない」とえた


イスラム教のチェヨンギル理事長は「宗間の和合と南北平和、さらには世界平和のための我々の

努力が集まり、を結ぶときには必ずよりしい世界が成し遂げられるだろう 」とし、「今日のサッカ

というコミュニケションの媒介を通して互いに和合する、貴重な時間になってほしい」と援した


末日聖徒イエスキリスト教会ジャンチョル京幾ステ長は「宗平和ピスカップを複の宗

団指導者たちと一いることができ、本に光」とし「このふれあいが全世界の平和、さらには人

類のすべての調和に展し、永久的な世界平和の道を開く場となることを願う」とえた


去る16日の京幾河南合運動場で開かれた‘2017平和ピカップ’に
加した10の選手代表が9つの宗団指導者の前で宣誓をしている。


いて行われたチム別では、大巡真理会を除く8つの宗団と韓文化平和連合忠南支部、

北朝鮮離住民‘同苦同楽’など全10ムが試合に出場した。韓イスラムは韓国内居住アラブ系外

がチムを組んで加した。これにより、丸いサッカを媒介に、人種、、文化、宗を超え

和合ハンマダンが開かれた。


加チは、トナメント方式で試合を行い優勝チと準優勝チを決定した後、敗れたチムを

象にトナメントを通じて共同3位を選定する方式で大行われた。


優勝は太古宗青蓮寺チム、準優勝は太古宗がそれぞれ占めた。敗者トナメントを通じて

の天理、多文化平和連合忠南支部、同苦同などが共同3位に上がった。


この日太古宗と大巡真理会はそれぞれ‘愛の米’50袋(500㎏)と20袋(200㎏)を多文化平和連合忠南支

部、同苦同に伝達した。


·


去る16日、京幾道河南合運動場で開かれた‘2017平和ピカップ’で
優勝した太古宗青蓮寺チムがポを取った。


イ・ヒョンヨン長は閉で「(今日多くの)宗が壁を崩して和道する非常に貴重な時間を持っ

た」とし「お互いが他人ではなく、なる‘隣人’となる感動的な瞬間だ。平和は私から。また、各宗団から

始まるという持ちで、韓で模範になる道を行ってほしい」と呼びかけた。


一方、宗協は韓国内では初めて設立され、過去51年間、韓の宗連合運動の産みの役割をしてきた。

国内の共通課題を討し、協議実践することにより、宗間の和合と共生を通じて社統合と

和合に貢している。宗協は今回の大をきっかけに、スポツだけでなく、音、ダンス、料理など

な分野で、宗間の交流を大していく計である... [詳しい記事を韓国語で見る]


Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼