統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 언론보도 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > メディア報道
언론에 보도된 통일그룹 소식입니다.
Title [慶尚毎日新聞 その他] 家庭連合、日本宣教 60周年希望前進 決意大会
Date 2018-07-10 Hit 2055
File 20180703085312_953.jpg [203kb]
[慶尚毎日新聞]
家庭連合、日本宣教 60周年希望前進 決意大会

 
世界平和統一家庭連合は去る1日「日本宣教60周年記念
2018 神日本家庭連合 希望前進決意2万名大会」をさいたまスーパーアリーナで開催した。
 

世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)は去る1日、「日本宣教 60周年記念 2018
神日本家庭連合 希望前進決意2万名大会」をさいたまスーパーアリーナで、
韓鶴子総裁をはじめ、文善進・家庭連合の世界会長、文妍娥・世界平和女性連合の
世界会長、文薫淑・韓国文化財団の理事長及び日本の国会議員たちと政治・経済・宗教・
言論界の指導者及び平和大使、日本及びアメリカ青年学生、家庭連合会員など
2万2千名が参加した中で開催した。
韓鶴子総裁は基調演説を通じて 「昨今の世界は難問題で溢れており、人間の力では
限界に到逹しているが、どのようにすれば人類が志向する平和世界をつくるのかに
対する答えはただ一つ、人間中心ではない創造主である神様を中心とした人類に
なることで平和世界は可能である」と語り、「日本は過去の過ちを反省し、
母の特徴のように自分よりは子女のために、世界のために歩む母の国として
進み出なければならない」と強調した。また、韓総裁は「孝情の心情文化革命の
旗印を掲げ、堂々と祝福家庭二世、三世たちが世界に出て勝利しているが、世界は
個人主義、利己主義で家庭の大切さを知らず未来がないが、家庭連合の会員たちは
二世、三世たちも家庭を大切に思って、神様の夢である平和世界を創建するために
生きようと歩んでいる」と語り、「神様に侍り、世界を抱く母の国の責任を果たす
神日本になることを祝願する」と語り、神日本のビジョンを提示した。

今回の大会は、日本宣教60周年を迎え、創始者である文鮮明・韓鶴子総裁と草創期から
伝道・奉仕・平和活動を続けてきた元老先輩たちに感謝を表し、神霊と真理で溢れる
草創期の日本家庭連合の教会の伝統を継承し、発展させ、ビジョン2020に向けて
1世代、2世代、3世代が一つとなって、救国救世運動と平和世界実現を決意した。

日本宣教は 1958年7月15日、崔奉春宣教師が日本に送られ、海外で最初の宣教が始まった。
宣教1年後の1959年10月2日に、今の東京の西早稲田地域にあった時計店の2階で
世界基督教統一神霊協会東京教会という名前で記念礼拝が開かれ、その場所で日本の
家庭連合が創立され、家庭連合は文鮮明総裁の聖誕100周年になる 2020年まで、
平和世界の実現と人類福祉のために献身してきた文鮮明・韓鶴子総裁の平和運動の
足跡と業績を照らすことで、苦痛を受けている世界の人々に「愛と赦しそして一つになる」
という希望と生命のメッセージを伝えており、今年1月にセネガルでアフリカの頂上会議、
4月オーストリアでヨーロッパ 1万名平和大会、5月釜山のBEXCOで嶺南圏1万名平和大会、
6月京畿道加平の清心ワールドセンターで首都圏 2万名、護国英霊の解怨及び南北統一祈願
決意大会など、2012年に文鮮明総裁の聖和以後も「中断ない前進」で平和統一運動を
展開している。[詳しく見る]








[京畿毎日]
家庭連合「日本宣教60周年 希望前進 決意大会」開催
韓鶴子総裁、世界の母の国の責任を果たす日本になること、日本宣教60周年を
迎え 2万2千名が集い、平和世界実現決意

 

世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)は去る1日、「日本宣教 60周年記念 2018 神日本
家庭連合 希望前進決意2万名大会」をさいたまスーパーアリーナで、韓鶴子総裁をはじめ、
文善進・家庭連合の世界会長、文妍娥・世界平和女性連合の世界会長、文薫淑・韓国文化財団の
理事長及び日本の国会議員たちと政治・経済・宗教・言論界の指導者及び平和大使、日本及び
アメリカ青年学生、家庭連合会員など 2万2千名が参加した中で開催したと明らかにした。 

韓鶴子総裁は基調演説を通じて 「昨今の世界は難問題で溢れており、人間の力では限界に
到逹しているが、どのようにすれば人類が志向する平和世界をつくるのかに対する答えは
ただ一つ、人間中心ではない創造主である神様を中心とした人類になることで平和世界は
可能である」と語り、「日本は過去の過ちを反省し、母の特徴のように自分よりは子女の
ために、世界のために歩む母の国として進み出なければならない」と強調した。

また、韓総裁は「孝情の心情文化革命の旗印を掲げ、堂々と祝福家庭二世、三世たちが
世界に出て勝利しているが、世界は個人主義、利己主義で家庭の大切さを知らず未来が
ないが、家庭連合の会員たちは二世、三世たちも家庭を大切に思って、神様の夢である
平和世界を創建するために生きようと歩んでいる」と語り、「神様に侍り、世界を抱く
母の国の責任を果たす神日本になることを祝願する」と語り、神日本のビジョンを
提示した。

今回の大会は、日本宣教60周年を迎え、創始者である文鮮明・韓鶴子総裁と草創期から
伝道・奉仕・平和活動を続けてきた元老先輩たちに感謝を表し、神霊と真理で溢れる
草創期の日本家庭連合の教会の伝統を継承し、発展させ、ビジョン2020に向けて1世代、
2世代、3世代が一つとなって、救国救世運動と平和世界実現を決意した。

この日、祝辞を述べた日本の国会議員は日本社会の家庭が解体されている現実を痛感し、
この問題を解決するために、家庭の大切さを認識して家庭中心の平和文化を定着しなければ
ならないが、家庭連合が去る60年間、持続的な活動を通じて家庭の大切さを強調して
来たことに感謝し、今後も拡大させ伝えてほしいと要請した。

引き続いて、家庭連合の文善進世界会長は基調講演者の紹介で「文鮮明・韓鶴子総裁は
神様の平和の夢をなすために、すべてを投入しながらこの平和のともしびを掲げ、
世界の至る所で真の愛と真の平和をなすことができるように指導している」と語り
「今日、韓鶴子総裁のみ言に深く耳を傾け、神様の愛と真理の実体となって、
人類全体の家庭と万物のための恒久的な平和と繁栄の新しい世界秩序を案内する」と
語り、韓鶴子総裁を紹介した。

 

この日の行事は、日本宣教60周年の記念映像の上映、徳野英治・家庭連合日本会長の挨拶、
来賓紹介、国会議員の祝辞、祝福家庭三世、石井香珠・慶応大学の学生の孝情スピーチ、
4,300名の合唱団の祝歌、文善進・家庭連合世界会長による基調講演者の紹介、
梶栗正義・UPF日本会長夫妻の花束贈呈、久保木哲子・女性連合前日本会長、
小山田秀生・天議苑日本苑長の礼物奉呈、韓鶴子総裁の基調講演、文化公演などで
進行された。

徳野英治・家庭連合日本会長は 「60年前、文鮮明・韓鶴子総裁によって始まった日本
統一運動が 60年の歳月を経って、今年60周年、会員60万名の基盤をつくった」と語り、
しかし「世界では朝鮮半島の非核化、難民問題、中東問題、地球温暖化問題、気候環境問題
があり、日本でも殺人事件の中で55%が家庭で発生しているなど、難問題が山積している
この問題解決のために、羅針盤のように登場したのが統一運動であり、今日、韓鶴子総裁の
教えを受けて、日本に対する天の真実を理解し、天が愛さざるを得ない神日本家庭連合に
なろう」と挨拶の言葉を伝えた。[詳しく見る] 






[キョンアン日報]
世界平和統一家庭連合 「日本宣教60周年」
「母の国の責任を果たす日本になる」
2万2,000名が集い、平和世界実現の決意

 

世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)は去る1日、「日本宣教 60周年記念 2018 神日本
家庭連合 希望前進決意2万名大会」をさいたまスーパーアリーナで、韓鶴子総裁をはじめ、
文善進・家庭連合の世界会長、文妍娥・世界平和女性連合の世界会長、文薫淑・韓国文化財団の
理事長及び日本の国会議員たちと政治・経済・宗教・言論界の指導者及び平和大使、日本及び
アメリカ青年学生、家庭連合会員など 2万2千名が参加した中で開催したと明らかにした。
  
韓鶴子総裁は基調演説を通じて 「昨今の世界は難問題で溢れており、人間の力では限界に
到逹しているが、どのようにすれば人類が志向する平和世界をつくるのかに対する答えは
ただ一つ、人間中心ではない創造主である神様を中心とした人類になることで平和世界は
可能である」と語り、「日本は過去の過ちを反省し、母の特徴のように自分よりは子女の
ために、世界のために歩む母の国として進み出なければならない」と強調した。また、
韓総裁は「孝情の心情文化革命の旗印を掲げ、堂々と祝福家庭二世、三世たちが世界に
出て勝利しているが、世界は個人主義、利己主義で家庭の大切さを知らず未来がないが、
家庭連合の会員たちは二世、三世たちも家庭を大切に思って、神様の夢である平和世界を
創建するために生きようと歩んでいる」と語り、「神様に侍り、世界を抱く母の国の責任を
果たす神日本になることを祝願する」と語り、神日本のビジョンを提示した。

今回の大会は、日本宣教60周年を迎え、創始者である文鮮明・韓鶴子総裁と草創期から
伝道・奉仕・平和活動を続けてきた元老先輩たちに感謝を表し、神霊と真理で溢れる草創期の
日本家庭連合の教会の伝統を継承し、発展させ、ビジョン2020に向けて1世代、2世代、
3世代が一つとなって、救国救世運動と平和世界実現を決意した。

この日、祝辞を述べた日本の国会議員は日本社会の家庭が解体されている現実を痛感し、
この問題を解決するために、家庭の大切さを認識して家庭中心の平和文化を定着しなければ
ならないが、家庭連合が去る60年間、持続的な活動を通じて家庭の大切さを強調して来た
ことに感謝し、今後も拡大させ伝えてほしいと要請した。

引き続いて、家庭連合の文善進世界会長は基調講演者の紹介で「文鮮明・韓鶴子総裁は神様の
平和の夢をなすために、すべてを投入しながらこの平和のともしびを掲げ、世界の至る所で
真の愛と真の平和をなすことができるように指導している」と語り「今日、韓鶴子総裁の
み言に深く耳を傾け、神様の愛と真理の実体となって、人類全体の家庭と万物のための
恒久的な平和と繁栄の新しい世界秩序を案内する」と語り、韓鶴子総裁を紹介した。

この日の行事は、日本宣教60周年の記念映像の上映、徳野英治・家庭連合日本会長の挨拶、
来賓紹介、国会議員の祝辞、祝福家庭三世、石井 慶応大学の学生の孝情スピーチ、
4,300名の合唱団の祝歌、文善進・家庭連合世界会長による基調講演者の紹介、
梶栗正義・UPF日本会長夫妻の花束贈呈、久保木哲子・女性連合前日本会長、
小山田秀生・天議苑日本苑長の礼物奉呈、韓鶴子総裁の基調講演、文化公演などで進行された。

徳野英治・家庭連合日本会長は 「60年前、文鮮明・韓鶴子総裁によって始まった
日本統一運動が 60年の歳月を経って、今年60周年、会員60万名の基盤をつくった」と語り、
しかし「世界では朝鮮半島の非核化、難民問題、中東問題、地球温暖化問題、気候環境問題
があり、日本でも殺人事件の中で55%が家庭で発生しているなど、難問題が山積している
この問題解決のために、羅針盤のように登場したのが統一運動であり、今日、韓鶴子総裁の
教えを受けて、日本に対する天の真実を理解し、天が愛さざるを得ない神日本家庭連合に
なろう」と挨拶の言葉を伝えた.

 祝福家庭三世の石井香珠・慶応大学生は孝情スピーチで「祖父母が1963年に入教し
祝福結婚を受け、親も日韓の祝福結婚を受け、公的に平和のために歩んでいる祖父母と
父母の足跡に従って、私もこの道に行く」と決意し、多くの拍手を受けた。
行事のフィナーレは参加した2万2,000人が起立して「無限な挑戦で、ビジョン2020勝利の
ために、母の国の使命を果たし、天の偉業を堂々と誇り、神霊と真理で武装し、
救国救世基盤を造成することを決意する」と手を挙げて誓った。

日本宣教は 1958年7月15日、崔奉春宣教師が日本に送られ、海外で最初の宣教が始まった。
宣教1年後の1959年10月2日に、今の東京の西早稲田地域にあった時計店の2階で
世界基督教統一神霊協会東京教会という名前で記念礼拝が開かれ、その場所で
日本の家庭連合が創立され、家庭連合は文鮮明総裁の聖誕100周年になる 2020年まで、
平和世界の実現と人類福祉のために献身してきた文鮮明・韓鶴子総裁の平和運動の足跡と
業績を照らすことで、苦痛を受けている世界の人々に「愛と赦しそして一つになる」という
希望と生命のメッセージを伝えており、今年1月にセネガルでアフリカの頂上会議、
4月オーストリアでヨーロッパ 1万名平和大会、5月釜山のBEXCOで嶺南圏1万名平和大会、
6月京畿道加平の清心ワールドセンターで首都圏 2万名護国英霊の解怨及び南北統一祈願
決意大会など、2012年に文鮮明総裁の聖和以後も「中断ない前進」で平和統一運動を
展開している。[詳しく見る]







[首都圏日報]
世界平和統一家庭連合、「日本宣教60周年
希望前進決意大会」開催
日本のさいたまスーパーアリーナで 2万2千名が参加

 

世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)は去る1日、「日本宣教 60周年記念 2018 神日本
家庭連合 希望前進決意2万名大会」をさいたまスーパーアリーナで、韓鶴子総裁をはじめ、
文善進・家庭連合の世界会長、文妍娥・世界平和女性連合の世界会長、文薫淑・韓国文化財団の
理事長及び日本の国会議員たちと政治・経済・宗教・言論界の指導者及び平和大使、日本及び
アメリカ青年学生、家庭連合会員など 2万2千名が参加した中で開催したと明らかにした。
 
韓鶴子総裁は基調演説を通じて 「昨今の世界は難問題で溢れており、人間の力では限界に
到逹しているが、どのようにすれば人類が志向する平和世界をつくるのかに対する答えは
ただ一つ、人間中心ではない創造主である神様を中心とした人類になることで平和世界は
可能である」と語り、「日本は過去の過ちを反省し、母の特徴のように自分よりは子女の
ために、世界のために歩む母の国として進み出なければならない」と強調した。また、
韓総裁は「孝情の心情文化革命の旗印を掲げ、堂々と祝福家庭二世、三世たちが世界に
出て勝利しているが、世界は個人主義、利己主義で家庭の大切さを知らず未来がないが、
家庭連合の会員たちは二世、三世たちも家庭を大切に思って、神様の夢である平和世界を
創建するために生きようと歩んでいる」と語り、「神様に侍り、世界を抱く母の国の責任を
果たす神日本になることを祝願する」と語り、神日本のビジョンを提示した。

今回の大会は、日本宣教60周年を迎え、創始者である文鮮明・韓鶴子総裁と草創期から
伝道・奉仕・平和活動を続けてきた元老先輩たちに感謝を表し、神霊と真理で溢れる草創期の
日本家庭連合の教会の伝統を継承し、発展させ、ビジョン2020に向けて1世代、2世代、
3世代が一つとなって、救国救世運動と平和世界実現を決意した。

 この日、祝辞を述べた日本の国会議員は日本社会の家庭が解体されている現実を痛感し、
この問題を解決するために、家庭の大切さを認識して家庭中心の平和文化を定着しなければ
ならないが、家庭連合が去る60年間、持続的な活動を通じて家庭の大切さを強調して来た
ことに感謝し、今後も拡大させ伝えてほしいと要請した。

引き続いて、家庭連合の文善進世界会長は基調講演者の紹介で「文鮮明・韓鶴子総裁は神様の
平和の夢をなすために、すべてを投入しながらこの平和のともしびを掲げ、世界の至る所で
真の愛と真の平和をなすことができるように指導している」と語り「今日、韓鶴子総裁のみ
言に深く耳を傾け、神様の愛と真理の実体となって、人類全体の家庭と万物のための
恒久的な平和と繁栄の新しい世界秩序を案内する」と語り、韓鶴子総裁を紹介した。

この日の行事は、日本宣教60周年の記念映像の上映、徳野英治・家庭連合日本会長の挨拶、
来賓紹介、国会議員の祝辞、祝福家庭三世、石井 慶応大学の学生の孝情スピーチ、
4,300名の合唱団の祝歌、文善進・家庭連合世界会長による基調講演者の紹介、
梶栗正義・UPF日本会長夫妻の花束贈呈、久保木哲子・女性連合前日本会長、
小山田秀生・天議苑日本苑長の礼物奉呈、韓鶴子総裁の基調講演、文化公演などで進行された。

徳野英治・家庭連合日本会長は 「60年前、文鮮明・韓鶴子総裁によって始まった日本統一
運動が 60年の歳月を経って、今年60周年、会員60万名の基盤をつくった」と語り、
しかし「世界では朝鮮半島の非核化、難民問題、中東問題、地球温暖化問題、気候環境問題
があり、日本でも殺人事件の中で55%が家庭で発生しているなど、難問題が山積している
この問題解決のために、羅針盤のように登場したのが統一運動であり、今日、韓鶴子総裁の
教えを受けて、日本に対する天の真実を理解し、天が愛さざるを得ない神日本家庭連合に
なろう」と挨拶の言葉を伝えた.

 日本宣教は 1958年7月15日、崔奉春宣教師が日本に送られ、海外で最初の宣教が始まった。[詳しく見る]

Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼