統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 언론보도 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > メディア報道
언론에 보도된 통일그룹 소식입니다.
Title [ヘラルド経済 他] 家庭連合、新しい慶州慶北教区本部を奉献
Date 2016-08-18 Hit 6511
File 567658839303387_124389_014.jpg [78kb]

[へロルド経済]

家庭連合、新しい慶州慶北教区本部を奉

 

世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)は、慶北道慶州市沙正路に慶北教区本部を新しく完成させ、

23日にその奉式を行った。

 

新しく奉された慶北教区本部は、慶州市沙正路21に位置しており、()新羅職業校の3階建て

建物を20136月に買い取り、約15ヶ月に渡る改装工事をて、新しい建物として完成したものだ。

3105の敷地に、地上3階建ての建物からなっており、300席の大聖殿、セミナ室、カフェ、レストラ

など、様々な宗設と店が備えられている。


今後、多なセミナや平和大使、多文化家庭、地域住民たちと共に和合して,コミュニケションする場所

として活用される予定だ。



政治界と宗界から約500人が加したこの日の奉式には、、ユギョンソク家庭連合韓国会長と慶州

寺の主であるソンタ僧侶とチェヤンシク慶州市長が祝を述べた。

 

この日、ユギョンソク家庭連合韓国会長は激のメッセジを通して、「慶州は三統一の偉業を成し

遂げた新羅の千年古都の中心地であり、かつて仏教が隆盛し、東の創設者水雲チェジェウなど、多くの

指導者を輩出した地域である。また、シルクロドを通じて他との交易も盛んに行われ、宗と文

化の交流が隆盛していた史的な場所」であるとして、慶北教区本部としての役割を忠に果たしてほしい

と語った。

 

ソンタ大住持は祝を通して、家庭の大切さを調している家庭連合の精神に積極的に同意するとし、

「宗が人間をおさえつけ、葛藤を誘してはならない。今日の奉式を通して、さらに展することを

願う」と祝った。


家庭連合は文鮮明、韓鶴子裁によって195451日、ソウル城東の一つの小さな家庭で創立され、

わずか50年弱で、全世界194300万信徒を抱える宗教団体として成長した...[きを韓語で見る]


 

 

 

[慶北新聞]

慶州家庭教会での家庭夫婦賞慶北教区本部奉

チェヤンシク市長など各界の代表が 
新羅職業専門校を買い取り、工事完了

 


「創造主である天の父母に似たの愛を実践する天一の主人になろう。」

 

去る23日午後230分、慶州市沙正路に位置する世界平和統一家庭連合慶北教区本部慶州家庭教会の奉

式と心情文化平和統一館の開館式が行われた。この場には、チェヤンシク慶州市長、ソンタ仏国主を

はじめとすると家庭連合のユギョンソク韓国会長など、各界の代表約500人が加した。

 

ジンチャンジン教区長の司で開かれたこの日の行事は、まずパクユス教会長の報告祈から始ま

り、賓の紹介、キムスヨル財職長の過報告、ソンタ仏国主僧侶とチェヤンシク慶州市長の

、世界平和統一家庭連合ユギョンソク韓国会長の祝の順で進行された。



教区本部は195811日に初代地長である李ヨハネ牧師の就任後、永川と浦項に移したが、2012

に慶州に移した。

 

3105㎡の敷地に建築面積1852㎡(3階)の新羅職業校を買い取って、礼拝堂として改装する外部工事を行い、第19代にあたるジンチャンジン教区長就任により室工事を完了し、慶州市から使用承認を受けて奉式を行った。

 

一方、慶北教区本部慶州家庭教会式には、の家庭の夫婦8組が協長賞と教区長賞を受賞し(株)シ

ンウォン建設とパクジェヨンチャンラン平和大使が感謝を受けた.... [きを韓語で見る]

 

 

 

 

[慶北道民日報]

家庭連合、慶州市民に「一」近づく

慶北教区本部の新しい聖殿が完成...疎通と和合で福音をえる決意 



世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)は、慶州市沙正路に慶北教区本部を新しく完成させ、去る23日午後2時に奉式を行った。

 

この日の聖殿奉式には、ユギョンソク家庭連合韓国会長、慶州仏国主であるソンタ僧侶、チェヤンシク慶州市長など、各界の指導者、約500人が加した。

 

奉献の式次第はジンチャンジン家庭連合慶北教区の司で行われ過報告、功牌授仏国寺ソンタ僧侶とチェヤンシク慶州市長の祝の愛平和合唱歌、ユギョンソク韓国会長の祝

順で進行された。


家庭連合慶北教区本部の新しい教会3105㎡の敷地に地上3階建ての建物で、面積が1852㎡である。

 

300席の大聖堂、セミナ室、カフェ、レストランなど、な宗施設とが用意されて、なセミ

や平和大使、多文化家庭、地域住民と一に和合して疎通する場として活用される予定である。

 

ギョンソク家庭連合韓国会長は激で「宗と文化の交流が隆盛していた史的な慶州に新しい

教区本部を呈することをきっかけに、神のと文化をく地の果てまで播する慶北教区本部としての

役割を忠に果たしてくれること"を要請した... [きを韓語で見る]

 

 

 

 

 

[ニュシス]

家庭連合、23日に慶北慶州で新しい慶北教区本部を奉

 

世界平和統一家庭連合は23日午後2時から慶北慶州市沙正路21に慶北道教区本部で新しい聖殿の奉

を開いた。

 

この日の奉式には、仏国ソンタ僧侶、チェヤンシク慶州市長が祝するなど、地域の政治、

、マスコミの指導者、約500人が加して祝った。

 

ギョンソク家庭連合韓国会長は激のメッセを通して、「慶州は三統一の偉業を成し遂げた新

羅の千年古都であり、かつて仏教が隆盛した場所でもあり、東の創設者水雲チェジェウなど、多くの宗

指導者を輩出した地域である。また、シルクロドを通じて他との交易も盛んに行われ、宗と文化

の交流が隆盛していた史的なところである」とし、「新しい教区本部呈をきっかけに慶州の史に

ふさわしく、神のと文化をく地の果てまで播する役割を忠果たしてほしい」とんだ。



家庭連合は、去る20136月、新羅職業校の建物を買い取って、約15ヶ月に渡って改造して、

最近、これを完成した。

3105㎡の敷地に、地上3階、面積1852㎡の規模の建物で、大聖堂(300席)をはじめ、セミナ室、カ

フェ、レストランなど、な宗施設とが備えられた。

 

家庭連合は今後、新しい大聖堂でなセミナを開催する一方、平和大使、多文化家庭、地域住民が一

に和合してコミュニケションをとる場所として活用する計である...[きを韓語で見る

Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼