統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 주요행사 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > 主な行事
최근 진행된 주요 행사 소식입니다.
Title 統一グループ希望Dream 給料端金支援事業 ‘2017 お母さん, お父さんと共に作る幸せプログラム'
Date 2017-07-31 Hit 234
File 20170726131624_722.jpg [44kb]


2017年統一グル希望Dream給料端金支援事業に選定された大邱多文化福祉センタの「お父さん、

お母さんと一作っていく幸せプログラム」(助成金450万円)が、722日(土)12日の日程で

フィリピン、タイ、日本など多文化家庭をはじめ、全40人の大邱八公山マックソムソムユホステ

のセミナ加した中で行われました。


「お父さん、お母さんと一作っていく幸せプログラム」は、思春期の子供と多文化家庭の親が

て、プログラムを通して思春期を経験している子供を理解することができ、肯定的な感情表現を使用して

幸福感を上昇させることができるよう支援します。また、子供と親の話法を介して親と子の間のコミュ

ニケションをスムズにすることができ、洗足式を通じて子どもは親の苦に感謝し、親はひたすら

幼いとのみ考えていた子供が健康に育ってくれた姿に感謝する時間を持つプログラムです。


 

プログラムは、統一グル給料端金支援金達式から開始しました。達式には、ジョン・イジュ統一

外協力本部係長が出席し、イウンジュ大邱多文化福祉センタ支部長に支援金を提供しました。

以後、本格的に、プログラムが行われた。





▲ジャグリングショと体



▲ジョンドンウォン教区と常任理事の特別講義

、最高の私に出会う/悪性デマ、中毒を克服する)



▲シンヨンスク幸せ移住女性シェルタ院長の特別講義(幸せな私を探して) 

 

▲愛と感謝の心をめた洗足式









 

子供とのコミュニケションがうまくいっていないことを認識した父母子供たちとより多くのコミュニ

ションしたくてプログラムにしたが、思春期の子供たちは、父母コミュニションの重要

性が分からず、子供をプログラムに加するようにする作業に多くの努力を消耗しました。しかし、

プログラムに加した家庭のほとんどがプログラムに集中することができ、家にってプログラムの

をすぐに実践することができました。




<感想文1>
二番目にするプログラムであったが、最初は母と一緒に加した。今回は父と私、母は弟とプログ

加した。プログラムを通じて、家族の大切さと感謝をよりたくさん感じることができる時間だった

と思う。父の足を洗ってあげるときに初めてた父の足にたこがちりばめられたのを見て胸がジ

した。これまで家族を養うために、いつも走って一生懸命父の姿を想像したら感謝しか浮かばなか

った。いつも家に帰ってきた父がマッサジしてくれというときには弟に押し付けていた自分がとても親

者だというがした。この機を通じて、普段は恥ずかしくてできないことを試みることができ、

多く考えることができた。今後、より良い娘になろうと思う。




<感想文2>
お父さんと二人だけで話してみた話や参加した行事が初めてであり、長いこと忘れられない思い出とし

と思う。

お父さんが私に何を願うのか分かり、それらすべてを実践することはできないだろうが、実践する努力を

する。パパとより近づける機であり後でも、このような機があればお母さんも一したらいい

と思う。私はお父さんに親孝行できず、申し訳ない点があり、またお父さんも私にいろいろしてあげられ

なかったことをがっていると思う。今お互いの心が分かったのでお父さんと私と家族に幸せだけあっ

てほしい。

Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼