統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 주요행사 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > 主な行事
최근 진행된 주요 행사 소식입니다.
Title 2017年、統一グループ役職員婦人会ワークショップ
Date 2017-11-24 Hit 98
File 20171115145628_680.jpg [207kb]



赤く染まった葉が美しい清平湖の湖畔に位置する清心国際青少年修練院で、1027日から28日まで1

2間、’2017統一グループ役職員婦人会Workshop’が役職員の夫人約180余名が参加した中で盛況のうちに

開催されました。今回のワークショップは、統一財団、一和、龍平リゾート、世界日報、一信石材、世一

、鮮苑建設、TIC、新井開発特装車、一上海洋産業、JC、セイロ、振興レジャーパインリーズリゾ

ト、パムスコなど14社の役職員夫人が参加して席を共にしました。

 

統一グループは、グループ理念である家族の重要性を実践するために、2014年から継続的に役職員の夫人

を対象に創設理念、日本研修6回、アメリカ研修2回と役職員婦人会12日のワークショップ4回など、統

グループ役職員夫人の集まりを継続的に実施しています。





アン・ホヨル統一グループ対外協力本部長の司会で進行された開会式は、創始者夫妻への敬礼、キム・

チャンホ統一グループ社牧の開会祈祷、チェ・ユンギ理事長の開会のメッセージ、団体写真撮影の順で

進行されました。




開会式でチェ・ユンギ統一グループ理事長は「人生を生きていく上で正しい道を行くためには、一人の力

では不十分です。より良い生活を生きるためには、人生の道しるべのようなメンター(Mentor)が必要で

す。51年前に家庭連合に入り、公職をはじめ、言論界で仕事をしてきながら多くの人々と様々な因縁を

んできましたが、私の人生全てで、個人・家庭・国家・世界路程のメンターとなってくださった方が文鮮

明・韓鶴子総裁です」、「短いワークショップ期間ですが、人生において重要な人生の指針を体験する

間となり、統一グループ夫人同士の楽しい交流の時間になることを願います」と語りました。




アン・ホヨル統一グループ対外協力本部長は、’統一グループのメディア報道’という特別講義で、「文鮮

明総裁が聖和された後、無所有の人生を生きられたことに多くの人が驚き、感動を受けました。文鮮明・

韓鶴子総裁の平和活動にマスコミも多くの関心を持っています」としながら韓鶴子総裁が韓国・日本・ア

メリカ・タイで平和集会でメッセージを語った時の映像と、文鮮明総裁聖和5周年の時に行われた合同結婚

KBSSBSMBC、月刊朝鮮、月刊中央、新東亜、週刊誌月刊誌に報道された記事を発表しました。

また、統一グループ従業員の海外研修を通して訪問した日本とアメリカ研修の内容を紹介しました。



ユ・ギョンソク世界平和統一家庭連合韓国会長は特別講義で、「家庭連合は創設63周年を迎える間、単な

る宗教団体の役割だけではなく、朝鮮半島の平和統一と世界平和の実現のために邁進してきました。設立

者である文鮮明・韓鶴子総裁は、人間が持っている本質的な価値観を変化させる運動を全世界的に進めて

きました。


経済安全保障・政治・教育・家庭の危機に直面している大韓民国のために家庭連合では、1)真の父母・

真の師・真の主人、神宗族メシア拡散、2)幸せな家庭共同体の実現、3)未来人材の持続育成、4)生活実

宗教文化の拡散、5)朝鮮半島の平和実現という5つの主要な課題を中心に活動しています」と明らか

、今年、全国的に展開している’希望!大韓民国国民への和合統一前進大会’を紹介しながら、真の父母の

教家庭連合が指向している平和文化の拡散に積極的な参加を要請し、参加者たちは将来の希望を感じ

感動の時間でした。




 

文薰淑ユニバーサル文化財団理事長は「サッカーとバレエの違いはサッカー選手に比べてダンサーは

苦しくても笑いながら公演をしなければならないということです。 The Show Must Go Onというよ

ダンサーは、負傷を負っても公演を続けなければなりません。15世紀末にイタリアで始まったバレエ

は’バレエマイム(手で言うセリフ)’という鑑賞法があります。両手を胸に集めると愛しているという表現

であり、上半身は形容詞、下半身は動詞の役割をします。表情と腕と脚の動きを通した演技力と音楽性を

賞すれば楽しく見ることができます。文鮮明・韓鶴子総裁は文化と芸術の世界は平和を実現することが

できると語られました。そのためユニバーサルバレエ団は挑戦(Challenge)、創造性(Create)、コミ

ケーション(Communication)と呼ばれる3つの原則を立て、平和実現のために努力しています」と

明しました。




ソン・グァンソクUPF韓国会長は’冷戦の終息と分断を克服するため創設者の生涯と統一運動’というタイト

ルで特別講義を行いました。 「アメリカの40代大統領選挙で、アメリカと世界が共産化されることを防

ぐたにレーガン大統領が当選するように文鮮明・韓鶴子総裁が後ろで努力しました。当選したレーガン

大統領は、核兵器を無力化させる宇宙防衛戦略(SDI)を発表し、文鮮明総裁は冷戦終結のために保守新

聞ワシントン・タイムズを創刊し支援しました。結局、ゴルバチョフは核兵器の縮小を決定することにな

り、文総裁はゴルバチョフの改革政策を支持する大会をモスクワで開催しました。そして、北朝鮮を訪問

して金日成主席と会談を持って南北の平和条約を結ぶために命を懸けられました。 1111日には、北東ア

ジアと界平和を維持するために地政学的に重要な位置にある朝鮮半島で韓鶴子総裁を迎えて2017朝鮮半

島の平和統一世界大会を上岩洞で開催します」と創業者の平和運動について紹介しました。




ジョン・ウォンジュ総裁秘書室長は特別講義で、「韓鶴子総裁は毎日この天苑団地で精誠を尽くされて

られます。 1982年にアメリカで祝福結婚をしてアメリカ人と結婚し、イーストガーデンから始まった侍り

の生活を今までしています。文鮮明・韓鶴子総裁の天への侍りの生活を見ながら侍ることがどのような

なのかを学んできました。侍る方が平安でなければ、侍ることではないので侍る生活というものがいか

に難しいことか分かりません。 1991年、文鮮明・韓鶴子総裁が平壌まで行き、金日成主席に頭翼思想を語

られたときは、恐怖と喜びで涙を流しました。侍る生活には信頼がより重要です。文鮮明・韓鶴子総裁を

信じていくのは難しいことですが、信仰で一つになれば、私たちは大きな孝子孝女になることができる

韓鶴子総裁の大きな力になるでしょう」と強調しました。




ユン・ヨンホ総裁秘書室副室長は特別講義で、「韓鶴子総裁は、文鮮明総裁聖和後3年の侍墓(父母の喪

中にその墓の傍らに小屋を建てて3年間暮らすこと)した後、’孝情’を宣言しました。3年の間、精誠の相

続をし、その後、4年は活動期間として全世界で起こっている葛藤を解消する平和のための活動を進行して

おられます。特に世界的に家庭の問題が深刻化する中で真の家庭運動を継続的に拡散しています。アフ

カ、アジア、中南米など8000校で孝情人格教育をしています。これら普遍的価値と運動が韓鶴子総裁を

心に展開されています」と、世界中の活動を紹介しました。




清心国際病院の産婦人科専門のチョ・スヒョン博士は、さまざまな女性の病気の症状と治療方法は、より

良い夫婦生活にあると説明する時間を持ちました。




1日目の最後には和道会の時間を持ちました。クイズや風船飛ばし、歌当てクイズなどを進めながら

夫人たちが一層仲良くなる時間となりました。




翌朝、最初の講義でジョン・ドンウォン大邱教区長の霊界に関する特別講義がありました。 「AIの人間知

レベルが高まり、21世紀には知性と霊性が同行する霊性時代です。富の時代・ウェルビンの時代・ウィ

ダインの時代になり、物質よりも精神的健康が、さらには精神的健康の完成ともいえるよく死ぬことに

人々の関心は集まっています。人間には3段階の人生路程があり、葬儀文化が聖和文化に変わって行ってい

ます。霊人体の成長は、肉体を介してのみ可能であるため、贖罪は地上でなさらなければなりません。天

地獄は人間が作ったものであり、霊界で行くところは自分で決定することになります。霊界は光と愛

世界であり、永遠に生きる世界です。また、天国は一人ではなく、家庭単位で行く所なので、真の家庭

成さなければなりません。」映画’天国より美しい’を見ながら、死後の世界の重要性を改めて考える

なりました。



パク・ジョンホ教区長は特別講義で、「祝福の価値を知り、三大祝福を成し遂げることで幸せに生きるこ

とができます。価値観の喪失により起こっている家庭破綻・退廃享楽・青少年脱線問題を解決し、純潔と

値観を家庭に定着させる祝福結婚が重要です。分けることのできない夫婦の愛には、秩序と法がありま

す。結婚の意義は、真の愛による血統と伝統の合一であるため、結婚は’祝福’です。交差祝福結婚を通して

国際結婚をした人が敵対関係が愛の関係に変化するものであり、日韓家庭はその代表的な例です」としな

がら祝福結婚の深い意義を紹介し、参加者たちは真の家庭の大切さを感じる時間になりました。




閉会式でイ・ソンギュン統一グループ事務総長は閉会の辞を通して「教会で作った学校をミッションス

ールと呼び、企業も教会で立てたものは、ミッションカンパニーです。統一グループは、ミッションカ

パニーであるため、創業者の設立趣旨を説明しているのは自然なことです。私も教会に入信したときは、

高校1年生だっのですでに47年も経ちました。初めて創造原理を聞いたとき、雄・雌、雄しべ・雌しべ

があり、神も陽と陰性があるという帰納法的説明で宗教を科学的に説明することができるという部分に

感銘を受けました。以前に科学を学んだ自分は、宇宙が一人のお方の作品であることを感じたました。創

造主である神、である神から全世界が創造されました」としながらWorkshopの重要性を強調しました。




キム・スンヒ統一グループ理事長夫人は、「昨年より、より近く家族的な雰囲気だったと思います。良い

環境の中で過ごした時間であり、常に感謝の気持ちで生きていただければと思います。来年も元気な姿で

再びお会いできればと思います」と感想を発表して夫人たちの拍手を受けました。




アン・ホヨル対外協力本部長は最後に 「本当に神がおられ、霊界があるのか、祝福の価値があるとした

ら、どのよう生きていくことがいいのかをお知らせする時間を持ちました。神様は宗教・宗派・人種を問

ず愛されているという文鮮明総裁のメッセージをたくさん聞きました。真の愛・家庭・純潔は、すべて

の人々が守っていかなければなら一般的な価値です。これらの内容をもう一度真剣に考えていく時間に

てくれることを願っています」と語り、すべてのワークショップ日程を終えました。


Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼