統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 언론보도 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > メディア報道
언론에 보도된 통일그룹 소식입니다.
Title [ニューシス] 家庭連合、アメリカ・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで 特別平和集会開く・・43カ国から2万人殺到
Date 2017-07-31 Hit 211
File 20170717092516_124.jpg [71kb]


 [ニューシス]

家庭連合、アメリカ・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで

特別平和集会開く・・43カ国から2万人殺到




韓鶴子世界平和統一家庭連合裁が15日(現地時間)アメリカ・ニュ

‘マディソンスクエアデンで開かれた特別の平和集で基調講演をしている。


   

「ニューヨーク・マンハッタンの5番街を歩きながら、アメリカから去っていく神様をつかんで、限りなく

涙を流したことがまるで昨日のようである。私は、これまで休まず家庭崩壊、性の不道徳性、青少年の退

廃、道徳的堕落など、アメリカの問題を解決するために知性を尽くして働いてきました。」創設者の

明総裁が生前こう言って、正しく立つために切実に祈ったアメリカの喚起のために世界平和統一家庭連合

が再び前に出た。


家庭連合は15日(現地時間)午後3時、米国ニューヨーク‘マディソン・スクエア・ガーデン’から‘平和

は“私”から始まる:文化圏の分裂に対する現代解法(Peace starts with meA modern solution to our

divided culture)’をテーマに‘マディソン・スクエア・ガーデン特別平和集会’を開いた。

 

この行事には、韓鶴子総裁をはじめ米国トランプ政府の福音主義諮問委員長であるポーラ・ホワイト牧師、イヴェット・クラーク米連邦下院議員、ダン・ボータン元米連邦下院議員、ジョセフ・ディート前6カ国協議米国側次席代表、文善進家庭連合世界会長、文姸娥世界平和女性連合世界会長など、アメリカの主要人事、政治指導者、宗教指導者など43カ国で2万人が参加した。

特にこの日の行事には、キリスト教・ユダヤ教・仏教・イスラム教・ヒンズー教・米国インディアン宗教

などの指導者と100以上のキリスト教会が参加して‘超宗教行事’として繰り広げられた。





米国トランプ政府の福音主義諮問委員長であるポーラ・ホワイト牧師が15日(現地時間)

ニューヨーク‘マディソン・スクエア・ガーデン’で開かれた特別の平和集会で開会の祈祷をしている。




この場で韓鶴子総裁は‘人類文明史を通した天の摂理とアメリカの使命’というテーマで基調講演を行った。

韓鶴子総裁は、まず家庭連合がアメリカに根を下ろすまで、数多くの苦難と逆境を振り返った。


「アメリカは天の摂理の前に祝福された国です。その責任を果たさなければなりません。このようなアメ

リカの病気が起こった時、1971年にレバレンド・ムーン(家庭連合創設者文鮮明総裁)は、アメリカに

来ました。アメリカは個人主義、家庭破綻、青少年問題などで一寸先も見通すことができない

状態でした。そこに、共産主義からの脅威まで受けていました。

レバレンド・ムーンは、アメリカ内のすべての問題を直回復することに先頭に立たれました。

すると、多くの義人と多くの青年達が後に続きました。しかし、これを理解していない

一部の政治家がレバレンド・ムーンをアメリカから追い出そうとしました。」と語った。

韓総裁は「真の父母の使命でなかったのなら、レバレンド・ムーンがアメリカに来る必要はありませんでした」とし、「しかし、真の父母だったので、アメリカを救い、世界を神に導かなければ

なりませんでした。40間、アメリカで血と汗と涙を流してきました」と説明した。




15日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークの‘マディソン・スクエア・ガーデン’で開かれた

特別平和集会で世界平和統一家庭連合韓鶴子総裁(右から2番目)と

文善進世界会長(右から三番目)が現地の子供たちとポーズを取った。




続いて「1985年に、レバレンド・ムーンはアメリカを生かす道はまさに世界を生かす道だと見られまし

た」とし、「だから、有名な政治学博士を通して‘共産主義滅亡’を発表するようしました。

実際に共産主義は、5年後に幕を下ろしたのです。それが終わりではありませんでした。

レバレンド・ムーンは、共産世界だったソ連の青年3000人をアメリカに連れて行って教育しました。

彼らは、共産主義の脅威から国を守ることになったのです」と指摘した。


韓鶴子総裁は「堕落した人類は、神の前に戻ることができません。人間の中で勝利した真の父母を通して

生まれ変わらなければなりません。それが家庭連合の祝福です」とし「祝福家庭がアメリカであふれ、世

界に溢れるとき、神の夢、人類の夢、真の父母様の願い、人類一家族の夢が実現することができ

ます。その日は遠くありません」と説いて世界最大国アメリカが持つ重大な責任を強調した。


クラク議員は迎ので「今回の大は、本に驚くべき平和を支持する祭り」と前提した後、「‘正義

がないところには平和があり得ない’とし、‘不平等と不正は平和を破する原因’である」としながら「韓鶴

裁のビジョンを継続して奉じ実践しなければならない。今は平和を始める時点である。皆一緒にに決

意しよう」と激した。


キム・ギフン家庭連合米国会長は迎ので「74日、アメリカの立記念日にアメリカの象である自

由の女神とハドソン川を知人に見せながら、精神的な意味と神のアメリカへの祝福を考えた」と

し、「アメリカの家庭と社の多くの痛みや問題を解決するために、今回韓鶴子裁がられた。アメリ

カは、神がこのを祝福されたということを忘れてはならない」と調した。

 

世界平和国会議員連合共同議長であるダンバートン元米連邦下院議員は演で「私たちは、大陸間

ミサイと核兵器の脅威のある難しい時代に生きている」とし、「平和を唱えることで戦争を防ぎ、

平和を維持することができる。平和こそ力であり、権力である」と力した


この日の行事は、マイケルバルコム家庭連合米、アメリカの聖職者議ACLC)共同議長ジョ

ガスターズスタリングス大司で始まり、グラミ賞を受けたヘッズクワイウォ

牧師と70教会集まった2000人規模の超の連合合唱合唱、アメリカトランプ政府の福音諮

問委員長であるポホワイト牧師の開の祈り、キム・ギフン家庭連合米国会長の迎のあいさつ

神イエス教会センタトレイバレット牧師の基調講演の紹介、韓鶴子裁の基調講演、クラ議員

迎のあいさつ、‛アップルヘブン’、際ダンスチの公演、エミ受賞者ヨランダアダムスなどの公

演順で進行された。この行事はインタネットを介して全世界に生中された。

 




世界平和統一家庭連合は15日(現地時間)午後3時、米ニュの‛マディソンスクエアデン’で、

全世界43から2万余名が集まった中、特別の平和集を開いた。

    


一方、家庭連合によると、この行事は、マディソンスクエアデンで文鮮明韓鶴子が開催し

た四回目となる大規模な行事だ。文鮮明・韓鶴子裁が先に1974918日、同じ場所で開いた‛希望の

日’の講演には、指定席25000席も足りず、5000席を追加で設置したが、2万名以上が入場できないほ

ど大盛況を成した。

時、文鮮明は、‛キリストの新しい将来The New Future of Christianity)’というテの下、

アメリカの心で資本主義の汚名にった混の時代から、今後、アメリカが行く道をて、アメリ

に大きな反響を呼んだ。

  

文鮮明韓鶴子は、マディソンスクエアデンで1982年に2075組の祝福結婚式を、1998年超

宗教祝福結婚式をそれぞれ挙行した。
  
ニュの中心から純潔と家庭の重要性を主張する祝福結婚式はアメリカ人の心に大きく記憶され

た。マディソンスクエアデンの中に時の合同祝福結婚式の写真が展示されている。

 

 

文鮮明・韓鶴子は、1960年代から‛アメリカは神様の望み’という信念に基づいて、アメリカ宣教に出

た。、人種差別と理念偏向が激しかったアメリカで家庭と社の正しい値体系を構築するために努

力した。






15日(現地時間)、アメリカ・ニュの‛マディソンスクエアデン’で開かれた
特別平和集に世界平和家庭連合の韓・日などの主要人物が加した



家庭連合は、アメリカ宣教初期にニュ州ベルベディア修練院とイースト・ガデンを購入して聖

地とした。このうちベルベディア修練院は、文鮮明韓鶴子裁が多くの世界指導者にって、平和の

重要性と、アメリカの行く道についててきた史的な場所だ。

1976
61日に‛アメリカ200周年’を記念して行われたニュクのヤンキスタジアム大

天候の中でも5万人が殺到した中で開かれた。この大で、文鮮明は「アメリカにであり、消防士

としてきた」と力し、「共産主義の脅威と少年の倫理的破綻を防ぐことなしには、アメリカに希望が

ない」と指摘した。ニュスウィは、その年の614日文鮮明の表紙に載せ、‛1976年度話題の人

物’として報道した。

 

同年918日文鮮明は、アメリカの首都ワシントンモニュメントに集まった約30万のの前

で‛200周年を迎えアメリカ、統一世界のモデル国家として地上天建設の旗手とならなければなら

ない」とてアメリカに大きな波紋を起こした。

家庭連合は、米張流れの中で、文化事業にも積極的に飛びんだ。ニュマンハッタ

の最高の繁華街に位置する史的なニュホテルを1976年に買い取り、世界宣の中心軸とし

た。コネチカット州ブリッジポト大を買し、ワシントン州の代表的な日刊紙ワシントンタイムズ

を創刊した。


ホワイトハウスも家庭連合のような活動を高く評してアイゼンハワからオバマまで共和党と民主党出

身を網羅した代大統領が文鮮明韓鶴子を直接面したり、家庭連合の行事に祝電を送ってくるな

ど、良好なを結んできた.... [詳しい記事を韓国語で見る] 

Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼