統一グループ

그룹소개

계열사소개

NGO지원

그룹 새소식

공백

  • 언론보도 타이틀이미지
  • ホーム > ニュース > メディア報道
언론에 보도된 통일그룹 소식입니다.
Title [月刊朝鮮] 家庭連合の聖地 ‘ベルベディア’の‘アメリカファミリーフェスティバル’ 韓鶴子総裁, 「堕落に陥ったアメリカを覚醒しよう」
Date 2016-07-02 Hit 6902
File 20160701172903_192.jpg [47kb]

[月刊朝鮮]

家庭連合聖地ベルベディアアメリカ家庭フェスティバル 

韓鶴子, 落にったアメリカを醒しよう」


6 5(現地時間) ニュク州テリタウンのベルベディアで開かれた

家庭連合1976年ニュヤンキスタジアム大40周年記念式.


アメリカ、ニュマンハッタンからハドソン川の上流に沿って40分ほど車にって移動すると、

ベルベディア(Belvedere)世界平和統一家庭連合(家庭連合)修練院が出てくる。ハドソン川をに置く

ベルベディア修練院は、古典的な映の舞台のように美しいところだ。 2733100坪)のベル

ベディア修練院のは、イタリア語で‘美しい景’という意味で、ハドソン川と草原がまるで一つのよう

がっていた。文鮮明•韓鶴子裁は、この土地を1972年買い入れ、家庭連合のアメリカ宣

ている。


65日(現地時間)ベルベディア修練院の入口には、「神が祝福するアメリカ、ファミリフェスティバ

God Bless America Family Festival)」垂れ幕がかかっていた。フェスティバルは家庭連合がアメリ

カの200周年を迎え、197661日に開催されたニュクのヤンキスタジアム大40周年を

記念するための行事だ。午前10時から行事が始まると、‘You are my sunshine’などおなじみの曲が流れ

てきた。ニュジャとワシントンDCなど、アメリカカナダ東部地域に住む約3000人の家庭

連合信徒たちは、家族と一場を訪れた。しい歌と一肉をいて食べながら、イベントを

囲気だった。韓料理体、テコンドなど、見どころも載だった。 


 

  

1976年、アメリカで共産主義の脅威を  



197661日、ニュクのヤンキスタジアムで韓からた宗指導者の文鮮明世界平和統一家庭

連合裁が現れた。 5万人が集まった時の大は、アメリカ200周年を記念して‘アメリカは神の望

み’というテマで開かれた。文は「共産党の脅威と少年の倫理的破綻を防ぐことなくしては、アメ

リカに希望はない」とし「アメリカの者、消防士に」と力した。家庭連合はヤンキスタジアム

を海外宣史に一線を引いた事件として記憶している。 


 は、後にアメリカ宣決心することになった背景をこう振り返った。

  
 
1972年に私がアメリカに初めて訪れたとき、アメリカは、世界的な危機に直面していました。第一に

共産主義からの脅威があり、第二に、キリスト、第三に、淪落の道にっている少年問題の

めでした。」

  

  

韓鶴子, 「落にったアメリカを醒しよう」

 



   基調演をする韓鶴子


 

5日の行事で韓鶴子家庭連合は、40年前の大を振り返りながら、「ピュリタンであるア

リカは第2次世界大戦当時には、世界を抱くことのできる立場にありましたが、期待とは裏腹に、アメ

リカ退文化が蔓延しました」とし、 「私たちは、ヤンキスタジアム大を通じて落にった

メリカを再び醒しました」と述べた。原稿なしに行われた演に信徒たちは、20回の拍手と歓声

した。特にアメリカの役割を調したに、アメリカの基盤を置いている信徒たちから大きな共感を

得た。


  2012年、文鮮明裁の聖和後の家庭連合は韓鶴子が率いている。韓は、1960年に文

夫婦を結んだ。

  
 
は、アメリカ信徒たちに、「アメリカ(家庭連合が進出した)200以上のの中で一番

上の兄とも同じであり、兄弟姉妹が一つになって共に良く暮らすことができるよう導くべき使命がある」

とし「人類の誇りとなるアメリカにならなければならない」と訴えた。

 

  

  

1976年の大加した加者たちの回顧



197661日、アメリカ200周年を迎え、ニュク、ヤンキスタジアムで

開催されたが祝福するアメリカ ファミリフェスティバル(God Bless America Family Festival)’.


 

40年前の大加した家庭連合信徒たちにとって、19766月に行われたニュクのヤンキスタ

アム大は、大きな意味があるようにうかがえた。トムクデビットワシントンタイムズ財

神明忠昭前統一神、パッシー・カシノジニア州サウスカウンティ中

ど、40年前の大加した家庭連合の生き証人に時の大の意味を尋ねた。次はその答えである。

  
 
「韓人がキリスト、アメリカであのように大きな宗行事をした例はありませんでした。

家庭連合は自信をもって苦難を克服しました。時、文が主張したアメリカの役割は、今日の大統領

候補に聞かせても遜色のないです。」(トムクデビット理事長)



197661日ヤンキスタジアムで講演する文鮮明(左)。

右は時の通を務めたパクポヒ前世界日報  


 

「文鮮明は、レガンアメリカ大統領とゴルバチョフソ連共産党書記長をあまねくい、

終息に大きな役割を果たした。聖書の解においても、神を信じているといるから、私たち

を要求されました。」( 神明忠昭
  
 
「子供の頃、として人種差別をたくさん受けた私としては、人種やを行きする家庭連合の

結婚を時代に先立つ実践として受け入れました。神の目には、も白人も東洋人もいないと宣言

の話をよくえています。」(パッシー・カシノ 

  

  

1970年代に共産主義の脅威にして警告





家庭連合がアメリカに根付いた背景をみると、1970年代、共産主義の脅威へのの考えが大きく作用

した。 4日、ニュマンハッタンに所在するニュホテルでった5選のキャリアを持つ

ダントンDan Burton)元アメリカ下院議員(19832013)は、このように明した。
  
-
裁とはどのように出ましたか。

 

「文反共思想を持って活動していたので、(私と)意見が合いました。 1976年、ニュ

クのヤンキスタジアム大にも加しましたがに愛心にある人だと思いました。講演

中で、反共と共産党の脅威について話していた部分が記憶がっています。また、アメリカがなぜくな

らなければならないのかも語っていました。」

  
-
北朝鮮問題については、どう思いますか。

  

「過去に文鮮明韓鶴子裁が南北統一のために多く努力を傾けました。北朝鮮が核兵器を生産して運搬

技術をさせれば、韓はもちろん、アメリカまでも影響入ります。韓、日本などは、アメ

リカより係をする必要があります。」

  
 
家庭連合は、アメリカに新聞(ワシントンタイムズ)、ホテル(ニュ)、文化公演場(マンハ

タンセンタ)、大(ブリッジポ)、合唱ニュ)、交響楽団(ニュク交

楽団)、ロックバンド(サンバスト)、ダンサ民俗)、管弦楽団(ゴルドブラスバン

ド)などのを率いている。

  

 

メディア、、文化の力をもとに、アメリカに根付くための略のように思えた具体的な

ついてキムギフン家庭連合北米大陸4日、ニュクのニュホテルで記者にって

「文鮮明韓鶴子裁の信仰の祖は韓だが、家庭連合を世界的な宗として育てたのはアメリカだっ

」とし「、家庭教会の活性化、統一の確立など、文鮮明裁の聖和直後韓鶴子裁が明らか

した教団3大未ビジョンを胸にめている」と明した


 

家庭連合のアメリカ進出


  

1972年、文鮮明韓鶴子裁夫妻は、アメリカ、ワシントン教会で‛統一線守護’を年頭標語として

した時、文裁は「信徒たちに民主世界は共産主義の脅威により、切迫した危機に直面しており、

のような危機を打開するために、キリストが積極的に取り組まなければならない」と調したアメリ

カキリストとアメリカ人に共産世界の脅威に備えることを促すために、7大都市の講演を推進し

18日 に結成された組織、統一十字軍(One World Crusade)は、1972年から1974年までにアメ

リカの大街を中心に積極的な道活動を展開した。統一十字軍の組織は、1973年までに40個に分かれ、

各州に配置された。 197322日、ニュクのウォル街の場で‛神の大Rally of God’を

開催し、23日から36日まで、ニュク、ボルティモア、フィラデルフィア、サンフランシスコ、

ロサンゼルス、バクレなど7大都市で講演を開催した。講演で文裁は、「キリスト精神の復興

と革命を起こし、アメリカの醒を促すために、この地(アメリカ)にた」と宣言した


  1973101日から1974129日までの4ヶ月間に21ヶ都市で、‛希望の日’大講演を‛キリスト

危機と新たな希望’というマで開催した。 1974215日から420日までは、前述した21ヶ都市

除いた32ヶ都市で‛キリストの新しいをテマに公開講演を延長した。

  


  

裁とニクソン大統領の


 

19726月、ニクソン大統領の再選のため、秘密工作班がワシントンウォビルの民主党全

委員本部事務所に盗聴装置を設置しようとして発覚される事件が生した。事件の余波でニクソン大統

領は、19748月にした。

 
文鮮明はウォ事件で窮地に追いまれたニクソンの危機がまさに、アメリカの危機で

ると見て、19731130日、ニュタイムズとワシントンポストに‛この事件が大統領一人が責任

とって終わる問題ではなく、アメリカの経済危機を招き、世界への領導力を喪失した隙間を狙って共産

主義が勢力を伸ばすことができることを警告’する‛ウォ’宣言を表した。ニクソンは、

に感謝の手紙を送って答えた。 197421日ニクソンは、文をホワイトハウスに招待した。  


  

1976年、ニュク、ヤンキスタジアム大成功

  


197661日、アメリカ200周年を記念するニュクのヤンキスタジアム大5万人が殺到

した中で開かれた。テマは‛アメリカは神の望み’だった。一連の活動で、614日、アメリカの時事

≪ニュスウィ≫は、文を表紙に載した。 

  

1976918日、ワシントンモニュメント場で30万人が集まった中、アメリカ200周年記念大講演

が開かれた。アメリカの宗教歴史の中で、最も多くの人員が加した行事として知られているこの大

‛神の意志とアメリカ’というテマで開かれた。時、文は「神はこのに新しい啓示

ために、特に退的なアメリカのたちを救出の指導者となる若者を導くようにと私を送ら

た」と語った。時の講演で文裁は、モスクワで講演を開催することを宣言したが、これらの目標

は、後に達成された。

  

1990年4月10日から13日間、モスクワで41人の元首脳を含むジャーナリスト、政治家、学者など,約600

人が参加した中で、モスクワ大会が開かれた。 4月11日には、文鮮明・韓鶴子総裁とゴルバチョフの会談

が開かれた。

  

文総裁はソ連と独立国家共同体の大学生と指導者をアメリカで研修させるプログラムを推進し、1990年7

月1日から8月19日までの4回にわたって380人のソ連大学生がアメリカ統一神学大学院で開かれた国際リ

ーダーセミナーに出席した。 


アメリカ宣教の困難について、文総裁は1975年1月16日にソウル朝鮮ホテルで開かれた希望の日韓国晩餐

会で「アメリカをあまりにも愛したため、私のすべてをアメリカに投入することができた」とし「神は今

日のアメリカを探したてるまでに流された血と汗と涙のご苦労をあまりにもよく知っているため、過去30

年間、アメリカにいながら、一日も気を楽に過ごしたことがない」と述べた... [詳しい記事を韓国語で

見る]  

Tag , ,
  • 우측 퀵메뉴-FAQ
  • 일화
    일화
    일화
    일화
    진흥레저파인리조트
    일화
    일화
    일화
    일화
    ELBON
    일화
    팜스코
    일화
    일화
  • 우측 퀵메뉴 탑버튼